MetaTrader.tv|メタトレーダーの使い方

メタトレーダーの基本的な使い方

メタトレーダーチャートの使い方と設定変更方法

メタトレーダーのチャート上にラインなどを表示させる

メタトレーダーで売買注文を行う

メタトレーダーでインディケーターを使う方法

メタトレーダーで自動売買EAを使う方法

↑TOPへ戻る

メタトレーダーのロウソク足とチャートの読み方

メタトレーダーのチャートで表示している数値

ロウソク足の説明図

一般的によく使われるロウソク足は
終値が始値より上がったことを表す陽線(白塗り)と、
終値が始値より下がった陰線(黒塗り)で表わされています。

この2つを視覚的に確認することで
相場の強弱や方向性を予想することができます。

Metatraderのチャート上で表示された現在の売り値

チャートの右端にある、白抜きで上下している数値は
現在の売値をあらわしています。

Metatraderのチャート上で表示された通貨ペア・時間足・初値・高値・安値・終値


左上に並んでいる数値は、左から順に(最新のバーの)
通貨ペア・時間足・初値・高値・安値・終値
を表しています。


Metatraderのチャート上で表示された日時、初値、高値、安値、終値、出来高


メタトレーダー最下部にあるステータスバーには左から順に

(マウスカーソルを乗せた時点の)
日時 O:初値 H:高値 L:安値 C終値 V:出来高

が表示されています。

↑TOPへ戻る

メタトレーダーでの時間足の変更方法

時間足の変更方法

metatraderのツールバー

タイムフレームの変更方法もメニューとアイコンの両方から変更できますが、
直接、ツールバーの時間を表わすアイコンを
クリックしたほうが簡単に時間足を変えられます。


metatraderで選択できる時間足


変更できる時間足はこのようになっています。


メタトレーダーのメニューから時間足を変更


メニューから変更するには「チャート」から、
「周期設定」を選択し、9種類の時間足から選択できます。


メタトレーダーのチャートから時間足を変更


アイコンから変更する場合は、9種類の時間足を
クリックすることで変更できます。


チャートを自動的にスクロールさせる

メタトレーダーの「Auto Scroll」ボタン


上図の赤い四角で囲んだ「Auto Scroll」ボタンをクリックすると
チャートが更新されるたびに最新のバーを右端に表示させます。

過去のチャートを参考にしたい場合などは
選択を解除しておきましょう。


最新バーをチャートの右端から移動させる


メタトレーダーの「Chart Shift」ボタン

上図の赤い四角で囲んだ「Chart Shift」ボタンをクリックすると
自動的にチャートの右端に移動し
最新のバーを右端から少し左へ移動させることができます。

赤い丸で囲んだ三角部分をドラッグすることで、さらに左へ寄せることもできます。

↑TOPへ戻る

メタトレーダーに保存したチャート設定を反映させる

保存した設定を反映させる

メタトレーダー新規チャートを表示


USDJPYで新規チャートを立ち上げてみました。

チャートの初期設定では1時間足、バーチャート、
基本配色は「Green On Black」になっています。


設定変更して保存した設定ファイルを反映させる

ツールバーのアイコンから、【メタトレーダー】 チャート設定を変更して保存する
設定変更をした「test」ファイルをクリックしましょう。


metatrader


保存していた設定が反映されました。

自分の使いやすい様に設定したら、チャート設定を保存しておきましょう。

保存名を「default」にすると、
新規チャートを開くたびに初期設定として反映されるので便利です。

チャートを開くたびに設定を変更するのが面倒な方は
この設定をしておくといいでしょう。

↑TOPへ戻る

メタトレーダーでチャート設定を変更して保存する

変更した設定を名前を付けて保存する

メタトレーダーの設定を変更したチャート


変更したチャートの設定を保存します。


メタトレーダーの「メニュー」から「定型として保存」を選択


「メニュー」→「チャート」から『定型チャート』を選択し、
『定型として保存』をクリック。


メタトレーダーのアイコンから設定を保存する


ツールバーのアイコンをクリックしても選択できます。


メタトレーダーの設定を名前を付けて保存する


変更した設定に好きな名前を付けて保存します。
ここでは「test」というファイル名にして保存しました。

赤い四角で囲まれているファイルは『定型チャート』を選択した時に
表示されていたものと同じファイルです。

この「test」を読み込むことで保存した設定を他のチャートにも反映させることができます。

↑TOPへ戻る