FXCMジャパンのメタトレーダーのダウンロード・インストール方法

FXCMジャパンのメタトレーダー(MT4)のインストール方法を説明します。

はじめに、FXCM社のメタトレーダーのインストーラーをダウンロードします。
こちらから直接ダウンロードできます

FXCMジャパンのMT4インストール手順

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして開きます。
「セキュリティの警告 このファイルを実行しますか?」と表示された場合は、「実行」ボタンをクリック。


「はい、上記のライセンス条項に同意します」の左にあるチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリック。


インストールが始まり、終わるとインストーラーが自動で終了し、メタトレーダーが立ち上がります。


「デモ口座の申請」というタブが開きますので、「FXCM-JPYDemo01」を選択し、「次へ」ボタンをクリック。


FXCMジャパンの口座を既にお持ちの場合は、「既存のアカウント」にチェックを入れて、ログインIDとパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
FXCMジャパンのメタトレーダーをデモ口座で使いたい場合は、「新しいデモアカウント」にチェックを入れ「次へ」ボタンをクリックします。


お客様情報の入力画面が開きますので、各項目を入力します。

お名前:氏名を入力します
国名:「Japan」を選択します
都道府県名:お住まいの都道府県を入力
市町村名:お住まいの市町村名を入力
郵便番号:お住まいの郵便番号を入力
電話番号:電話番号を数字だけで入力「-」などの記号は使えません。
Eメール:メールアドレスを入力
口座タイプ:「Japan」を選択
通貨種別:入力する必要はありません
レバレッジ:入力する必要はありません
証拠金:任意の金額を選択します。リアル口座で運用予定の金額に近いものを選ぶといいでしょう。

入力ができたら、「貴社からのニュースレターの受取りに同意します。」にチェックを入れ「次へ」ボタンをクリックします。

デモ口座が作成され、「ログインID」「パスワード」が表示されます。お試しにトレードするのであれば、メモを取らなくても困ることはないと思いますが、自動売買EAのフォーワードテストなどの検証に利用する場合は、環境を以降する可能性がありますので、メモを取っておいたほうがいいでしょう。

「完了」ボタンを押すと、メタトレーダーの使用が可能となります。


初期設定画面はこのような感じです。

⇒FXCMジャパンの口座開設はこちらから

スポンサードリンク