メタトレーダーに新たなインジケーターを追加導入する方法

no

新しいインジケーターを導入する

インジケーターは、メタトレーダーにはじめから搭載されているものの他にも、世界中で配布されている沢山の便利なものがあります。当サイトでもおすすめのインジケーターを配布しているので、是非使ってみてください。

※インジケーターは「mq4」という拡張子ですが、当サイト含め、配布しているサイトによっては、ZIP形式に圧縮されていることもあります。その場合は解凍ソフトを利用して下さい。

導入例として、今回は「VQ」というインジケーターを導入してみます。導入作業を行う前に、まずメタトレーダーを終了させて下さい。

インディケーター「VQ」をダウンロードする

下の「vq.mq4をダウンロード」をクリックすると、インディケーターをダウンロードできます。

※ブラウザにより、下のリンクをクリックするとプログラム文が表示されてしまう場合があります。
このような場合は、右クリック→「名前を付けてリンク先を保存」を選択して下さい。

VQのダウンロード


上図のようにVQの拡張子が「.mq4」であることを確認します。


マイコンピューターからCドライブを選択し、ダブルクリックします。

indicator-introduction3
「Program File」を選択し、ダブルクリックします。

「MetaTrader 4」をインストールしたフォルダ(通常は「MetaTrader4」)を選択して、ダブルクリックします。
※私はFXDD MetaTraderを利用しているので、上図のようになっています。


「MQL4」→「Indicators」の順番にダブルクリックします。


「VQ.mq4」ファイルを、「indicators」フォルダ内にドラッグします。これでメタトレーダーでインジケーター「VQ」が使えるようになりました。

indicator-introduction8
インジケーターの導入が終わったらメタトレーダーを起動します。ナビゲーターウィンドウを確認してみて下さい。このように「VQ」が表示されています。

ナビゲーターウィンドウが表示されていない場合は、インジケーターをチャートに反映させる方法を参考にして確認して下さい。

同じ要領で、他のインディケーターを導入していくことができますので、いろいろなインディケーターをインストールして自分に合ったものを探して下さい。

スポンサードリンク