メタトレーダーのチャートにインジケーターを反映させる方法

no

ナビゲーションションウィンドウを表示させる


メタトレーダーに標準で搭載されているインジケーターをチャート上に反映させる方法を説明します。はじめに、メタトレーダーを起動した際に、ナビゲーターウィンドウが表示されているか確認します。
ナビゲーターウィンドウが表示されていれば、上図の赤枠で囲まれた部分が凹んでいます。表示されていない場合は赤枠の部分をクリックしてアイコンを凹ませることで、ナビゲーターウィンドウを表示させることができます。


メニューバーの「表示」→「ナビゲーター」で表示させることも可能です。


ナビゲーターを表示させると、新たに赤枠で囲まれた部分が表示されます。ナビゲーター中にある「Custom Indicators」をダブルクリックして下さい。


このように、インジケーターの一覧が表示されます。お好みのインジケーターを反映させましょう。
ここでは例として、MACDをチャートに反映させます。

ナビゲーションウィンドウからインジケーターを選択する

MACDを選択した状態で右クリックをし、「チャートへ表示」を選択します。または、MACDのアイコンをチャートへドラッグ&ドロップしても構いません。


インジケーターの設定ウィンドウが表示されました。このウィンドウではインジケーターの詳細を設定することができます。設定が完了したら「OK」ボタンをクリックして下さい。


設定を完了させると、上図のようにチャートの下にインジケーターが反映されます。

インジケーターは複数反映させることができるので、自分のスタイルに合った手法を組み合わせてトレードを行うことができるようになります。

インジケーターの設定変更方法


チャートに反映させたインジケーターの設定を変える方法を説明します。チャート上で右クリックして、「表示中の罫線分析ツール」を選択します。


反映されているインジケーター名を選択して「編集」をクリックします。
※インジケーター名を選択して「削除」を選択すると、そのインジケーターをチャート上から解除することができます。


編集」をクリックすると、インジケーターの設定変更ウィンドウが表示されます。タブをクリックすると各項目ごとに設定を変更することができます。

スポンサードリンク