メタトレーダー(MetaTrader)の使い方やMT4採用業者の情報満載

当サイトはFX高機能チャート「メタトレーダー」(通称:MT4)の総合情報サイトです。
メタトレーダーの基本的な使い方、インジケーター、自動売買EAまで、MetaTraderに関する情報を随時発信しています。



メタトレーダーとは

メタトレーダー(MetaTrader)は、ロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツ社)が開発し、FXトレーダーの間では定番となっている高機能のFXチャートソフト。

メタトレーダーの最新版は「MetaTrader5」ですが、現在多くのトレーダーに使われていてFX業者に採用さているのはひとつ前のバージョンの「MetaTrader4」になります。日本ではメタトレーダーを略して「MT4」ともよく呼ばれています。

多くのFXトレーダーがメタトレーダーを選ぶ理由

無料で高機能・熟練者の定番
現在の熟練FXトレーダーのほとんどがメタトレーダーを使用しており、定番のチャートシステムとなっています。

しかもメタトレーダーは無料で使うことができます!

私がFX初心者の方におすすめのチャートを聞かれると、迷わずMetaTraderをおすすめしています。

自動売買と相性抜群!
メタトレーダーは元々自動売買を好むシステムトレーダー達の間で評判になり普及していきました。

自動売買システムの開発が容易で、世界中で多くの自動売買EAが開発されています。

自動売買EAの過去の成績の検証をすることもできるので、安心して利用することができます。

こちらで実際に利益をだしている自動売買EAを確認できますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

オリジナルのインジケーターが豊富
メタトレーダーには標準でもかなり多くのインジケーター(テクニカル分析ツール)が実装されていますが、世界中のトレーダー、プログラマーさん達がメタトレーダー専用のインジケーターを開発して公開しています。

中には無料なのが信じられないほど高機能のものもあり、それらのインジケーターを使うためだけにMetaTraderを使っている人も多いです。

インジケーター、自動売買EAの作成が簡単
MetaTraderは『MetaQuotes Language(略して「MQL」とよく呼ばれています)』という、C言語をベースにしたプログラミング言語を使用しており、オリジナルのインジケーター(テクニカル指標)、自動売買EAを作ることできます。

プログラミングの深い知識がなくてもMetaEditorというツールを使うことにより、比較的かんたんに独自のインジケーター、自動売買EAの作成を行うことができます。

メタトレーダー(MT4)の使い方

メタトレーダーのインストール方法
インストール方法

チャートの使い方と設定変更方法

チャート上にライン・テキスト・矢印などを表示させる

売買注文を行う

インジケーターの使用方法

メタトレーダーで自動売買EAを使う方法

MetaTrader採用業者比較

業者 USDJPYスプレッド 最低取引単位 日足の本数 通貨ペア 初回最低入金額
OANDA JAPAN 0.3 1000通貨 5本 72 10万円
楽天証券 0.5 1000通貨 5本 26 なし
外貨ファイネスト 0.4 1000通貨 5本
Forex.com 0.8 1000通貨 6本 84 5万円
ゴールデンウェイ・ジャパン 0.1 1000通貨 5本 30 1000円
アヴァトレードジャパン 1.2 1000通貨 5本 54 5万円

※スプレッドは変動することがあります

海外業者と国内業者の違い

海外のほとんどFX業者がメタトレーダーを採用していることもあり、国内と海外どちらの業者で口座を開くべきか迷っているという声をよく聞きます。それぞれの特徴は以下になります。

スプレッドが狭いのは国内のFX業者

日本のFX業者のスプレッドは、海外のトレーダーに驚かれるほど狭い設定となっています。スプレッドのコストの割合の高いスキャルピング(短期売買)を中心にトレードをする方は国内業者がおすすめです。しかし、重要経済指標発表時は、国内業者のスプレッドが大きく開く特徴があります。海外の業者は、普段から日本に比べて広い分、指標発表時も安定したそこまで大きく開かないことが多いです。

海外FX業者は追証なし

FXはレバレッジをかけることで少ない資金で大きな利益を出すことが出来ます。しかし、それは逆を言えば、大きな損失を出してしまう可能性もあるということ。2015年1月15日のスイスフランショック時は、あまりに大きく為替が変動し、含み損が入金した額を超え、追証を支払う必要になった投資家も少なくりませんでした。
海外FX業者の場合、入金した金額以上に損をしないという決まりになっているので、トレードで入金した額以上に損をすることはありません。

レバレッジを大きくかけられるのは海外

日本では、個人口座の最大レバレッジが25倍までと法律で定められています(法人口座を除く)。海外では制限がないため、個人のトレーダーでも大きなレバレッジをかけることが可能となっています。