no

ストップロス設定をして新規注文を行う


新規で指値注文を行うには、チャート上で右クリックをして「新規注文」を選択するか、ツールバーの「新規注文ボタン」をクリックします。


例として、ここでは成行買いを行います。注文発注画面の「決済逆指値(S/L)」欄でストップロスするレートを(89.95)に設定して、成行買いボタンをクリックします。


注文の発注ができたら取引内容が表示されます。ストップロスが設定されていることを確認します。上図の赤枠の部分にストップロス設定したレート(89.95)が表示されています。


チャートを確認してみると、ストップロス設定をしたレート(89.95)で、赤い波線のラインが表示されていることが確認できます。現在のレート(90.10)がこのラインまで下がると、自動的に損切りが行われます。

ストップロス設定の変更方法


ストップロス設定を変更したい場合は、ターミナルウィンドウに表示された注文の詳細上で右クリックをして「注文変更または取消」を選択します。


注文の発注画面が表示されます。
ストップロスを行うレートを変更する場合は「決済逆指値(S/L)」欄の値を変更します。ここでは(89.95)→(89.90)へ変更を行います。
また、「決済指値(T/P)」欄でテイクプロフィット設定を行うこともできます。注文時には決済指値を設定していませんでしたので、ここで(90.20)に設定してみます。設定を変更したら、赤枠の部分のボタンが青く表示されるのでをクリックします。


注文の変更を行ったら、上図のように注文変更完了のメッセージが表示されます。


チャートを確認してみると、ストップロスで設定したラインが(89.90)へ変更されているのが確認できます。また、レート(92.20)では設定したテイクプロフィットのラインが表示されています。現在のレートが個のラインまで達したら、自動的に決済されて利益確定されます。

スポンサードリンク

メタトレーダーの使えるFX業者ランキング

OANDA JAPAN
OANDA JAPAN
日本の業者では珍しい5秒足が表示でき、デイトレやスキャルピング等の短期トレードをする方には得におすすめ!

インターバンクのプラットフォームぐらいにしかない一括決済機能があり、相場の急変時の対応も可能。
約定拒否なし!再クオートなし!1000通貨から1000万通貨まで取引可能。通貨ペアは72種類。どんなことでもカスタマサポートが親切丁寧に対応。ドル円スプレッド原則0.4銭固定

FXトレード・フィナンシャル
FXトレード・フィナンシャル
新規口座開設キャッシュバック実施中!

FXTF MT4は「1000通貨対応」「日足5本対応」と投資家の皆さんに使いやすいように独自カスタマイズ。通貨ペアも31に増加し、今注目のMT4提供会社です。今井雅人さんのつぶやきがMT4上で見れる独自インジケーターも用意。ドル円スプレッド0.3銭

楽天証券
楽天証券
楽天をよく利用する方におすすめ

1000通貨単位での取引が可能!大手ネット証券で唯一MT4が使えるFX業者。
※楽天MT4口座は楽天FX口座を開設した後に申込むことで利用できるようになります